■ プロフィール

imuyamog

Author:imuyamog
たまに展覧会などで作品の発表などしてます。


ウェブサイト






■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



まっくらやみ


早いもので9月です。まだちょっと暑い日が続くものの、何となく街の雰囲気や夜の空気の匂いが秋を感じさせます。


Dialog in the Dark
ダイアログ・イン・ザ・ダークという催しに行ってきました。


この催しは日常生活のさまざまな環境を織り込んだまっくらな空間を、聴覚、触覚、嗅覚、味覚など、視覚以外の感覚を使って体験する、ワークショップ形式の「暗闇のエンターテイメント」です。


まあ、どんなことしたのかというと、何にも見えない中を盲目のアテンドさんのエスコートの中、真っ暗闇の空間の中を進んでいくというもの。そこにあるのは森だったり、家の中だったり。
頼りなのは視覚以外の感覚。

視覚が奪われると聴覚や嗅覚が敏感になるってよく聞いていたけども、まさにその通りでした。人の声でどっちに進んだらいいのか、どのくらいの距離にいるのか解ったり、匂いで何があるのか、どんな場所なのか解ったり、気づくことはたくさんありました。普段どれだけ視覚に頼って生きているのかも。

後、漠然的な言い方だけども5感じゃない感覚もすごく研ぎ澄まされました。例えば何にも見えないのだけれど、空間の広さや光景が想像できました。感覚って言葉は抽象的で漠然としているけど、確かにある、ものだなと感じられました。

年に一回これぐらいの時期にやっている催しです。生きているうちに一度は経験して損は無い催しでした。来年も行きたいなー。
















管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。